WEBサイトを作るうえで重要な要素「色」

色の使いかたひとつで印象がかなり変わります。間違った色の使い方をすると違和感が出てサイトの直帰率を上げてしまう原因にもなります。

飲食店なら、オレンジや赤、黄色などがよく使われます。暖色系ですね。
医療系だと、青やグリーンなどの寒色系が多いです。
雑貨屋さんなどは、ピンクや紫、ブルーなども入ったりします。

企業のサイトだと、その企業のイメージカラーなども決まっていたりしますので、そのイメージをうまく入れつつデザインを考えていきます。

色についても心理学的な考え方がとても強いので、ホームページを作るときはちょっと注意したほうがいいですね。

 

WEBで使用する色の基本を知っておこう

WEBで使う色では、RGBカラーというものがあります。

「R(赤)・G(緑)・B(青)」
赤・・・Red
緑・・・Green
青・・・Blue

パソコンのモニターではRGBカラーで色が表現されています。
この3色を混ぜ合わせると白に近づいていきます。

※ちなみに印刷用の色についてはCMYKカラーがあります。

 

サイトに使う色は基本は3色で

色を使う比率ですが、ベースとなるカラーを70%とし、あとはメインカラー25%、アクセントカラー5%を目安とします。
簡単に言うと色をゴチャゴチャ使いすぎずに基本3色でデザインしていくのが色の考え方です。

必ず3色で無くてもいいですが、この知識は入れておいて考えて下さい。
あと、厳密に色の比率を計算しなくてもある程度大丈夫です。

 

色の役割を知っておこう

■黒
・権威や権力を象徴する色
・人を細く見せるので洋服によく使われる色
・服従という意味も持っている。司祭が黒い服を着るのは神への服従を示している
・デザインにおいては、黒は洗練

参考サイト
洗練されたセンスの良い感じでいくとこういうサイトがあります>>>http://jp.burberry.com

 

■白
・花嫁は白い服を着て純粋さや、清らかさを象徴
・白は明るく、ニュートラルで、何色にも合う
・医者と看護師は清潔であるということを示すために白い服
・アートやデザインに用いられる白は即座に信頼性を引き上げる効果あり

参考サイト
佐賀大学美術館>>>http://suam102.com

 

■赤
・情緒的な色である赤は心拍数を上昇させ、呼吸を速くさせる
・愛の色
・強烈な色なので、赤い服は交渉や対立には不向き。赤い車は窃盗に遭いやすい
・スポーツチームは相手チームが使っていたロッカーを明るいピンクで塗ることがあります。
その理由は敵チームがエネルギーを失う

参考サイト
赤色について効果や活用例をうまくまとめています>>>http://creators-manual.com/red27/

 

■青
・赤と反対の働きをします
・穏やかで、落ち着いた青は体を落ち着かせる働きがあり、寝室でよく使われる色
・ファッションコンサルタントは面接には青を着ていくようにすすめています
・人は青い部屋にいるとより生産的になる
・重量挙げの選手は青いジムだとより重いバーベルを持ち上げる事ができる

 

■緑
・緑は自然を象徴
・目に最も優しい色で、視力を良くします
・患者をリラックスさせるために、病院はよく緑を使います
・濃緑色は男性的で保守的で、富を意味します
・お金を象徴することでも知られています。
だから銀行でよく使われている色なのです

参考サイト
三井住友銀行>>> http://www.smbc.co.jp

 

■黄色
・楽観的な色だと考えられている一方で人は黄色い部屋でカッとしやすく、赤ちゃんもよく泣きます
・黄色は扱いが最も難しい色なので、過剰に使われると、非常に強烈
・集中力を高める
・代謝を高める
・食欲が出る

参考サイト
うまく黄色が使われていて食べたくなります。ビアードパパのシュークリーム>>>http://www.beardpapa.jp

 

■紫
・気品の色である紫は贅沢さや、富、そして洗練を暗示
・自然界では珍しい色なので、人工的な色に見えます
・赤と同じく、紫はそれだけで威圧的な色
・女性的で、ロマンチック

参考サイト
さりげない使い方ですがうまく紫を使っています>>>http://www.b-dresser.net

色のチェックなどに便利なサイトです>>>http://www.colourlovers.com