ピーク・エンドの法則

ウィキペディアには、「われわれは自分自身の過去の経験を、ほとんど完全にそのピーク(絶頂)時にどうだったか(嬉しかったか悲しかったか)ならびにそれがどう終わったかだけで判定する、という法則である。」とあります。
さらに詳しく見てみる>>>http://ja.wikipedia.org/wiki/ピーク・エンドの法則

 

この人間に心理的効果をWEBにも(特にネットショップなどではどうか)活かすことができると面白そうですね。

WEB上ではリアルの世界のように表現できない事もやはり多いので難しいのも事実ですが、バーチャルで体験してもらうなどの方法は選択の余地はありそうですね。

しかしこの法則は、恐らく人が何かを買うときや例えば旅行の最中などでもおきる法則で「ある程度の時間の中で動く法則」だと感じます。

自社のお客様がピーク時にどういう気持ちになるのか?そしてどのような形で完結し、最後はどのような感情になるのか(させるのか)これをビジネスの戦術にも取り入れるべきでしょうね。

その補完役としてのWEB活用などもありですね。

弊社でもこのあたり考えてみます。