AISAS(アイサス、エーサス)これは電通さんが提唱しているWEBを日々利用する消費者の購買に関する心理プロセスを定義した言葉ですね。

AISASとは

・Attention(注意)
・Interest(関心)
・Search(検索)
・Action(行動、購入)
・Share(共有、商品評価をネット上で共有しあう)

AIDMAと流れが似てはいますが、これは現在のネットユーザーの日常的な動きと言っていいでしょう。

特にネット上で商品を販売したり集客をしている企業様はこれを意識し販売していかなければなりません。
この流れを見ているとわかりますね。
単純にホームページだけ作っても「売れない」ということです。

消費者行動に合わせてより効果的に情報を作っていかなければなりません。
そして最終的にShare(シェア)で良い評価を流してもらえるよう努力が必要ですね。